So-net無料ブログ作成

引きこもり状態になっている人をニートというらしい。

いずれは高齢になった親からお金をもらうことに耐えられなくなってしまうのではないでしょうか。

今現在ニートを自覚していり方でもできる楽なアルバイトを考えてみましょう。
まずは人付き合いを長くやっていないため、お客さんとの接点がないアルバイトがおすすめあもしれませんね。

楽なアルバイトでなくても肉体労度などでひたすら荷物を運ぶアルバイトなんかはもしかしたらやりやすいかもしれません。

基本的にコミュニケーション能力がそれほど必要とされませんので。

もちろん、まったく人との会話ができないなら、インターネットを経由した在宅のアルバイトもあります。

ニートだからアルバイトさえできないと考えることは大きな間違いです。

自分ができることを探していないだけです。

幸いなことに現代はインターネットと言う便利なツールがあります。
これを活用して積極的にアルバイトを探してください。
もちろん、楽なアルバイトでかまいません。
できるところから始めましょう。
皆さんの家族や友達などにニート状態の人がいれば、アドバイスをしてあげましょう。

それが彼や彼女の意識を変えてくれるのではないでしょうか。

楽なアルバイトでは不十分だと考える人もいるでしょうが、すぐに何でもできるはずはありません。
長くニート状態が続いている場合、仕事に対する少しずつ考え方が変わってきます。

正社員として働くことが一人前と思っていたことがそうでないと思えるようになるのです。

必ずしも正社員で働くということに価値があるわけではないのです。


共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。